ウエストが85cmを超えて、これはやばいと思いました。

あるときの人間ドッグでウエストが85cmを超えていると指摘されました。
もうこれは立派なメタポだと。
このままいくと、糖尿病になりますよと脅かされてしまいました。
最近机に座ると、お腹がきついのです。
そこでバンドを緩めて座っていました。
またズボンのウエストも何回かは治しましたね。

そのころ会社には社員食堂がありました。
ご飯は食べ放題でした。
後は週に数回は表に仲間と食べに行きましたね。
給料の日などはカツレツとかウナギのかば焼き等を食べましたね。
好き放題のものを食べていたのです。

またモール街で中華定食なども多く食していました。
これも付き合いですからむげには断れません。

しかし人間ドッグでこうだったと言って、単独行動をするようになりました。
しかしたまには仲間ともいっていましたね。
私がまず思案したのは、カロリーの少ないものをたべようと考えました。
そこで週に何回はは日本そばです。

もりとかおろしそばとかを食べていました。
あとはサラリーマンを対象にした定食屋さんです。

私の会社のまわりにも、そのような定食を食べさせる所が、探せばかなりありました。
これは日常のものを食べさせる食堂でした。
昔風のものが多く、カロリーがそれほど高いものではと思ったのです。

そのあとは安いコーヒー屋に入り、ブラックコーヒーです。
その後は公園に行ったり、その周りをくるくると歩きましたね。
電車通勤だったのですが、行きも帰りもバスに乗らずに歩きました。
まあ歩いても30分以内でした。

電車もJRで、1駅が短かったので、朝は1駅手前から歩きました。
帰りも1駅歩き、そこから電車で帰りました。
自分でも結構努力したつもりでした。

ウェディングドレスを着るために

結婚が決まった頃の話です。
結婚式をする予定はなかったものの、ウェディングドレスを着て写真を撮る、フォトウェディングというものがあることを知りました。
フォトウェディングをしたい!しかしできるだろうか…。なぜかというと、写真屋さんにあるウェディングドレスが入る体型ではなかったからです。

結婚までまだ時間はある、ウェディングドレスが入る体になろう!と、ダイエットを決意しました。
やったのは、毎日朝と夜に体重計に乗ることと、間食をしないこと。
朝と夜体重計に乗ることにしたのは、夜と朝の体重差が少なくなるように心がけると良いと、どこかの記事で読んだことがあったからです。

間食については、それまでけっこうな量を食べて過ごして来ていたので、やめるのが大変でした。気をまぎらわせるためにブラックコーヒーを飲んだり、食べたくなるようなお菓子をそばに置かないことも有効でした。

気がつけば普段の食事のドカ食いも減り、1ヶ月に1kgずつ体重が減って行きました。
結果、8ヶ月かけて8kg落とすことに成功し、喜び勇んで写真屋さんへ行きました。

現実は厳しかった…8kg痩せた位では、ドレスの選択肢はあまり増えませんでした。でも、選んだドレスを着て
夫と撮ってもらった写真は、今でも大事な宝物です。
結婚して料理を作る楽しさに目覚め、瞬く間にリバウンドしたのは夫には内緒です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする