正しい腹筋でお腹痩せに成功!

私が今までに一番お腹痩せに成功することが出来たのは、「正しい腹筋」を毎日行ったダイエットです。
お腹周りというのは油断するとすぐにタプタプと脂肪がつきやすいパーツです。しかも、体にフィットする洋服を着てしまうと周りの人にもすぐにバレてしまいますよね。

私も一時油断してお腹がちょっとヤバ言ことになってしまった時期がありました。その時にたまたま雑誌で正しい腹筋方法を知り、実践してみたのです。
まずは手の位置。腹筋をする際には両手を頭の後ろに置いてしまいがちですが、こうすると手で頭を持ち上げてしまうのでダメなんだそう。

正しくは、耳の横に添えるくらい。なんだったら耳から少し離してもいいそうです。とにかく手で頭を持ち上げないようにして、腹筋の力だけで上半身を持ち上げられるように心がけることが大事だとか。

また、上半身は完全に起こす必要はないそうです。逆に、少しお腹をのぞき込む程度で良く、腹筋がギューッと硬くなった状態で数秒キープしてゆっくりと元に戻す…というのを10回繰り返します。

これ、実際にやってみるとわかるのですが相当キツイです。今までの腹筋は腹筋じゃなかったな…と思うくらい。でも、続けると半月くらいで腹筋がカチカチに硬くなってきます。タプタプお腹に悩んでいる人は是非試してみて下さい!

エア縄跳びダイエット!簡単に出来て効果抜群

私はお腹、太もも、お尻まわりにたくさんついてしまった脂肪を燃やそうと毎日ジョギングやウォーキングといった有酸素運動に励んでいました。

けれどもジョギングといった有酸素運動は、毎日続けることが難しいシチュエーションというものがあったりします。一番困ったのはやはり天候です。雨天やめちゃくちゃ寒い時などはなかなか外には出れません。

そんな時、私は家の中でエア縄跳びダイエットをしていました。このダイエットは縄跳びを飛ぶ要領で家の中でぴょんぴょん飛ぶのです。かなり消費カロリーは高く、また同時に足の筋肉を鍛えることが出来るためなかなか効率が良いダイエット方法と言えます。

何より、家の中でするのでテレビを見ながら出来たりするのも大きなメリットと言えます。毎日エア縄跳びダイエットをしていたら1ヶ月で軽く3キロくらいは痩せることができました。

また、下半身を使うダイエットですので適度に足に筋肉がつき、美脚にもなれたのが嬉しい効果です。長く続けていると肺活量も上がるため、外で取り組むジョギングなんかでも走る距離が伸びて、ダイエット全体のレベルが上がりました。エア縄跳びをダイエットに取り入れてからはリバウンドをすることがなくなりました。簡単に出来るダイエット方法ですので本当におすすめです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする